費用と知識について

買い物袋

薄げに悩んでいて、植毛や育毛に興味を持っている男性はとても多いです。 しかし、実際にいくら費用がかかるのかが分からなかったり、間違って認識している知識もあります。 まずは正しい知識と費用相場を知る事が植毛や育毛の効果を出すためには重要です。 植毛にはいくつか種類があります。 単一(ニードル法)、スリット法、パンチ・グラフト、ミニ・グラフト、マイクロ・グラフト、FUT法、FUE法、自動植毛機、人工植毛など色々あります。 この中から、自分に合っている方法と予算とを照らし合わせながら、施術の方法を決めていきます。 専門医でよくカウンセリングを行なってください。 どの方法にもメリット、デメリットがありますが、現在最も多く施術されているのは、FUT法と呼ばれる施術方法です。 FUTは、フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーションの略で、グラフト系の植毛が進化したものです。 従来のグラフトは、単位が毛髪本数でしたが、FUTは包毛定単位となっています。 包毛単位での植毛は、着率、発毛率が高いのが特徴です。

FUTは、髪の毛を埋め込む方法になりますが、その際、毛根に切れ目を入れて、ピンセットで1本ずつ植える、という風に考えると分かりやすいです。 埋め込む際は、一枚刃を使うので毛根を傷つけにくいので安心です。 仕上がりはとても自然で、人工的に見えないところが人気の理由です。 手作業で行なうため、熟練した医師、スタッフでも施術の時間がかかります。 気になる施術費用ですが、いずれの方法でも1000本を植毛した場合の費用をご紹介します。 最新でおすすめのFUT法では45万円〜60万円が相場となっています。 単一法(採取した毛髪を株分けし、専用の針で穴あけ、埋め込みを行なう方法)では50万円〜100万円、自動植毛機で50万円〜60万円程、グラフトで30万円〜70万円程かかります。